ダイキン空気清浄機MCKシリーズのレビュー

空気清浄機選びって悩みますよね…

シャープはプラズマクラスター、
パナソニックはナノイーと
なんかお店の店員さんの話を聞けば聞くほど
良さそうに聞こえてきます。

いったいどれを選べばいいのかな?
迷ってわからないですよね?

私もその一人でしたが
今回は空気清浄機で有名なダイキン製品を選んでみたので
特に花粉症に悩む方へDAIKINのMCKシリーズの
空気清浄機のレビューをお伝えします!

ダイキン空気清浄機MCKシリーズのレビュー

シャープのプラズマクラスター、パナソニックのナノイーなど
CMでもよく耳にするのでなんか信頼しちゃいますよね?

でも、ダイキンも負けてないんです!

そしてダイキンは医療機関などでも使われることが
多いメーカーです。

それゆえ一般家庭では浸透していないのかもしれません。

なので、性能はしっかりしているのに
比較的値段も安く買えるのも魅力です!

私の使用しているのはMCK70RJ-Wというモデルですが
ほぼ↓と同じモデルです。

比較したものはシャープ KI-GX75なのですが
・値段が高い
・背面の壁紙が黒くなる
などが気になったのもダイキンにした理由です。

MCK70RJ-Wを使ってみて
音は寝室にでも置かない限り気になりません。

リビングで稼働させても、生活していて気になる音ではありません。

もちろん、一気に空気清浄したいときのモードは
うるさいです。

でもそんな時間は長くは続きませんよね?
うちでは12畳ちょっとの場所で使っていますが、
十分な性能を得るのに音に関しては気になりません。

そして今まで独立した加湿器を使っていたのですが
それをやめてこれ一台にしました。

かなり乾燥肌の私ですが、
今年の肌の状況は少し良い気がします。

インフルエンザなどの予防には
湿度は50以上にした方が良いと聞いたことがあったので
回しっぱなしにして常に湿度50以上にしています。

なので、今年は夜寝ていてものどが痛いと思ったことはないです。

まとめ

今のダイキンMCK70RJ-Wを使う前までは
パナソニック製を使っていました。

そして実家ではKI-GX100を使っています。

そういったものと比べて今回のダイキンMCKシリーズは
大満足しています。

期待した効果は十分感じています。
今後PM2.5も心配される時代ですがMCK70RJは
ちゃんとPM2.5に対応していますので期待したいと思います。

その前にまずは今年の花粉症ですね!?
せめて家にいる間は症状を抑えてくれる効果を期待したいと思います!