潮干狩り熊手のおすすめランキング~潮干狩り大好きが贈るランキング

今年のゴールデンウィークは
潮干狩りのためにあるようなものですね!?

お休みと大潮が完全に一致しています!

テンションが上がりますねー

昨日も潮干狩りに行って来たのですが
めちゃめちゃ取れましたよ。

そんな潮干狩り大好きな私の
独自の熊手のおすすめランキングをお伝えします。

 

潮干狩りの定番の忍者くまで

こちらは良く目にする熊手ですね。

4月ともなれば店頭には
潮干狩りコーナーが設置されて
このタイプをよく目にしますね。

スタンダードだけど良く取れる熊手なので
誰にでもおすすめできる熊手です。

使い方はとっても簡単です。

ただただ掘ってください!
それだけでアサリが見つかります。

ちなみに砂をよーく見てください。

小さな2つの穴が見えますか?

アサリの目と言われるもので
アサリが水管と言われる管を出している穴です。

そこを掘れば100%アサリが見つかりますよ。

もはや反則の熊手です 網付き熊手

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

忍者くま手(アミ付)
価格:162円(税込、送料別) (2018/6/28時点)

この熊ではいろんな意味でやばいです!

いろんな意味ってどんな意味?(笑)

この熊手ですが、貝が採れすぎるため
禁止している場所も有ります。

そういった意味でもヤバイですよね?

なので、自分がやる場所のルールを
確認してから使ってくださいね!

なんでこの熊手が採れるのかというと
この網に部分に貝が残ってくれるんです。

まだ、水が引ききっていない
5cmから10cmくらい水が残っている
そんな場所で試してみてくださいね。

そのすごさが実感できるはずです。

網付き熊手の上を行くジョレン

これは純粋に言うと熊手ではないので
参考に紹介します。

ジョレンというタイプです。

網付き熊でのやばいくらい
上を行くタイプです。

網タイプの熊手でも落ちてしまった貝を
しっかりかごの中でキャッチします。

これも場所によっては禁止していますから
確認してくださいね!

使ったら病み付きです。

でも禁止の場所もあるので
私も場所によって使い分けています。

さいごに

当ブログでは禁止のタイプを使って起きた事象への
責任は負いかねます。

やばいくらい採れるものも有りますので
場所によっては逆に禁止されているものが有ります。

必ずご自分で調べてからお使いくださいね。

ご不安だったら最初に紹介した
普通の熊手がおすすめです!